はじまり。

人の本能をくすぐるものが、エンターテイメントの本質だ。

例えばデート。おいしい料理と香り豊かなワイン。笑える話題に、知的好奇心をくすぐる知見。ロマンチックな夜景に、艶かしい深夜のドライブ。

本能に訴えかける物はエンターテイメントなだけでなく、人間が営む全てのことの本質を捉えていると、僕は思う。多くの人が、むずかしいのに、なんであんなことをやっているのか、と思う多くの事も、初めは人間の本能から出発したものであることが多い。

誰だったか、偉い人が昔言っていた気がする、学問とは学者のあからさまな欲望をオブラートに包んで、昇華したものにすぎない、と。その意味で、学問とは常に最高のエンターテイメントであるべきである、というのが僕の主張だ。

本能があるところには強い感情もある。学問の楽しみを堪能する学者とは、所詮、喜び、悲しみ、期待し、憂い、泣き、笑う人間である。それらの感情の中で、考えることを止めなかった、いや、止める事のできない人たち。それが学者と呼ばれる人たち。

このウェブサイトは、そんな考える人たちのこと(例えば僕)や、彼らが考えたことなどに気軽に楽しく触れられる場を提供しよう、という試みです。

作者について興味ある方は Aboutにて。

作者の現在の職業に興味ある人は「理論物理学者って何するの?」で。

学者の生きる世界を物語風に知りたい方は「幼なじみと学者な僕」で。

その他、作者による雑記はブログで。

よろしくお願いします。

北川 拓也